ストーカーの被害実態等に対する調査研究報告書

全文閲覧 (PDFファイル 3.73MB)

まえがき

第Ⅰ部 調査の概要

第1章 調査の目的と調査実施の概要

1.調査の目的
2.調査項目
3.調査実施の概要
4.社会還元
5.調査研究の機関・執筆者一覧

第2章 調査結果の概要

1.標本構成
2.エグゼクティブ・サマリー

第Ⅱ部 調査の結果

第1章 青年男女のストーキング被害と対処行動

1.今回調査のねらい
2.過去5 年被害率
3.相手との関係と反復被害
4.被害者と加害者の学職
5.受けた被害
6.被害の恐怖感情と深刻度
7.被害時の対処行動
8.他者への被害の打ち明けと援助の受領

第2章 親密な関係破綻後のストーキングの加害リスク要因について

1.加害類似(ストーカー的)行動(問31)の発現率
2.全般的な加害類似(ストーカー的)行動の男女差
3.交際相手との生活形態(問11)と全般的な加害類似(ストーカー的)行動との関連
4.交際相手との出会い(問13)と全般的な加害類似(ストーカー的)行動との関連
5.交際期間(問12)と全般的な加害類似(ストーカー的)行動との関連
6.関係満足度ならびに関係への投資量と全般的な加害類似(ストーカー的)行動との関連
7.別れの原因帰属(問17)と全般的な加害類似(ストーカー的)行動との関連
8.別れの話し合い期間(問18)と全般的な加害類似(ストーカー的)行動との関連
9.別れへのストレス度合い(問20)と全般的な加害類似(ストーカー的)行動との関連
10.別れる際の経験(問22)と全般的な加害類似(ストーカー的)行動との関連
11.別れる際の行動(問23)と全般的な加害類似(ストーカー的)行動との関連
12.別れた時のソーシャルサポート(問24)と全般的な加害類似(ストーカー的)行動との
   関連
13.年齢層(問41)と全般的な加害類似(ストーカー的)行動との関連
14.デモグラフィック項目(問43・職業、問47・最終学歴)と全般的な加害類似
  (ストーカー的)行動との関連

第3章 ストーカー被害者及び非被害者の特徴的差異の分析

1.関係開始時における特徴の分析
2.関係継続期間中における特徴の分析
3.離別時における特徴の分析

第4章 一般市民のストーカーに関する知識と相談意向

1.相談機関の知識
2.警察以外の相談機関に求めるもの
3.ストーカー被害に対応する制度等に関する知識の分析
4.相談意向の分析
5.制度等に関する知識と公的機関への相談意向の関連の分析

第Ⅲ部 資料

資料1 調査票
資料2 クロス集計表
資料3 自由回答

*なお本調査は、追手門学院大学研究倫理委員会から承認を受けています。
 (受付番号2017-02)