2015年度研究助成実績

※本サイトに掲載した報告書は、助成対象者からの報告をそのまま掲載したものです。本財団は、報告書の内容について一切関与していないため、内容についての問い合わせには応じることができません。また、研究者の連絡先の照会にも応じることができません。

2015年度研究助成実績

<一般研究助成>5件(敬称略・順不同・所属は申請当時)

研究代表者
所 属
研究テーマ 助成額
(円)
PDF
遠藤 洋二
関西福祉科学大学社会福祉学部社会福祉学科教授
児童養護施設における「性暴力対応プロトコル(多機関連携モデル)」策定に関する研究 2,845,000 概要紹介/選考委員からのコメント
研究報告書
川畑 徹朗
神戸大学大学院人間発達環境学研究科教授
レジリエンシーの形成を促すいじめ防止プログラムの開発 2,800,000 概要紹介/選考委員からのコメント
研究報告書
柑本 美和
東海大学大学院実務法学研究科准教授
刑事政策の課題としての児童虐待―警察の関与の観点から 2,996,000 概要紹介/選考委員からのコメント
研究報告書
相馬 敏彦
広島大学大学院社会科学研究科マネジメント専攻准教授
若者のDV被害を予防するプログラムの効果検証;DV被害の脆弱性モデルを基盤として 3,000,000 概要紹介/選考委員からのコメント
研究報告書
山下 倫央
産業技術総合研究所サービス工学研究センター主任研究員
ITを活用した群集流動における安全安心の実現に関する実証的研究 2,640,000 概要紹介/選考委員からのコメント
研究報告書

<若手研究助成>4件(敬称略・順不同・所属は申請当時)

研究代表者
所 属
研究テーマ 助成額
(円)
PDF
佐藤 広英
信州大学人文学部文化情報論分野准教授
高齢者のインターネット上でのプライバシー意識に関する心理学的研究 1,000,000 概要紹介/選考委員からのコメント
研究報告書
宍倉 悠太
早稲田大学大学院法学研究科研究生
発達障害を有する非行少年・不良行為少年の再犯防止システムに関する研究 992,000 概要紹介/選考委員からのコメント
研究報告書
反中 亜弓
法務省矯正局法務技官(心理)福井刑務所・名古屋大学大学院教育発達科学研究科博士課程後期課程
粗暴犯の感情認知・コントロール特性についての検討:失感情に着目した矯正プログラムの開発 973,000 概要紹介/選考委員からのコメント
研究報告書
都島 梨紗
名古屋大学大学院教育発達科学研究科博士課程後期課程
どのようにして非行から足を洗うのか―少年院出院者の就労獲得プロセスの追跡調査を事例に― 1,000,000 概要紹介/選考委員からのコメント
研究報告書