2021年度研究助成実績

当財団では、子どもの犯罪被害防止、少年非行、犯罪被害者支援等、市民生活の安全と平穏を確保する上で解決すべき諸問題をテーマとする研究助成の募集を2002年度より実施しております。
おかげさまで、本年度も一般研究(個人またはグループの研究)、若手研究(40歳以下の個人研究)ともに、多くのご応募をいただきました。その後、研究助成選考委員会の審査を経て、以下の研究への助成が決定いたしましたのでお知らせいたします。
選考委員長からの講評

2021年度研究助成実績

<一般研究助成>1件(敬称略・五十音順・所属は申請当時)

研究代表者
所 属
研究テーマ 助成額
(円)
PDF
大山 智也
筑波大学システム情報系
助教
犯罪の「危害」指標とマップの作成に関する研究 2,929,100 概要紹介/選考委員からのコメント

<若手研究助成>3件(敬称略・五十音順・所属は申請当時)

研究代表者
所 属
研究テーマ 助成額
(円)
PDF
池亀 尚之
愛知大学大学院法務研究科
准教授
情報技術の高度化と犯罪捜査 ―アメリカ合衆国におけるGPS捜査の現状と課題― 1,000,000 概要紹介/選考委員からのコメント
佐々木 健太
(公社)みやぎ被害者支援センター
専門相談員
犯罪被害者遺族のサポート・グループにおける有用な支援と留意点の検討 500,000 概要紹介/選考委員からのコメント
鈴木 拓朗
東京大学大学院教育学研究科総合教育科学専攻
博士課程
ストーキング事案に対する判断に与える要因の検討―加害者と被害者の関係性への着目― 1,000,000 概要紹介/選考委員からのコメント