2019年度研究助成実績

当財団では、子どもの犯罪被害防止、少年非行、犯罪被害者支援等、市民生活の安全と平穏を確保する上で解決すべき諸問題をテーマとする研究助成の募集を2002年度より実施しております。
おかげさまで、本年度も一般研究(個人またはグループの研究)、若手研究(40歳以下の個人研究)ともに、多くのご応募をいただきました。その後、研究助成選考委員会の審査を経て、以下の研究への助成が決定いたしましたのでお知らせいたします。

2019年度研究助成実績

<一般研究助成>4件(敬称略・五十音順・所属は申請当時)

研究代表者
所 属
研究テーマ 助成額
(円)
越智 啓太
法政大学文学部教授
男性のDV被害認知プロセスと対処方略に関する研究 870,000
四方 光
中央大学法学部教授
児童を害する越境サイバー犯罪捜査手法の研究 2,900,000
仲野 由佳理
日本大学文理学部人文科学研究所研究員
矯正施設からの社会復帰における当事者参加型多機関連携体制の構築に関する研究 3,000,000
松井 豊
筑波大学人間系教授
認知的加齢に関する心理学研究に基づく特殊詐欺予防講習の開発 2,337,000

<若手研究助成>5件(敬称略・五十音順・所属は申請当時)

研究代表者
所 属
研究テーマ 助成額
(円)
大江 將貴
京都大学大学院教育学研究科博士後期課程
非行少年の「立ち直り」における復学のプロセス 1,000,000
大原 天青
国立武蔵野学院
厚生労働技官
非行領域における家族合同ミーティングの実践と効果検証 1,000,000
小山田 建太
筑波大学大学院人間総合科学研究科博士後期課程
事業変遷下における地域若者サポートステーション事業の支援意義に関する研究 612,440
金 ジャンディ
大阪大学大学院法学研究科特任助教
家庭内暴力の加害者対策に関する比較研究ー日米の治療プログラムを中心に 1,000,000
讃井 知
筑波大学大学院システム情報工学研究科博士後期課程
高齢者の犯罪被害防止にむけた自助・共助を促進する情報の活用方策 934,500